Libretto50のHDDをCFに換装してみたくなって、適当なCFが欲しくなったのでアキバに行ってきました。上海問屋でランダムな2GBのCFを600円ぐらいで購入。やっぱりSDより割高。中身はA-Dataのものでした(読み書き13MB/secぐらい)。同じく上海問屋でMicroSDの1GB(あえてこのサイズ)を1枚と、他の店で小型のMicroSDカードリーダを購入。USBメモリ代わりに使うんだ……。あと、アニメイトでハガレン21巻を購入。

鋼の錬金術師 21 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師 21 (ガンガンコミックス)
posted with amazlet at 08.12.24
荒川 弘
スクウェア・エニックス (2008-12-22)

後はソフマップでイーモバのS22HTを(実機デモ含めて)見て、ヨドバシを経由して、総武線で西船橋間で移動。外をキョロキョロしていて、ハガレンを読むのを忘れていた……。西船橋から南船橋まで武蔵野線(のVVVFで袖仕切りがチト変わった205系)に乗って、IKEA船橋まで行ってきました。
f:id:Akkiesoft:20081223163818j:image:h180 f:id:Akkiesoft:20081223151811j:image:w240
IKEA船橋は、……港北と大差なかった(えー。グルグル回って、階段下りて食器類→フォトフレーム・カーペット→植物と回って倉庫を通ってレジと言う流れも同じでした。
帰りは西船橋まで戻った後、東西線で帰宅しました。こっちの方が運賃か安い……はず。と言っても、メトロ運賃で一番高い270円がかかりましたが(しかも、大手町で乗換改札を出た時点で既に270円取られた)。
さて、IKEAで買ったものはこちら。
f:id:Akkiesoft:20081223195117j:image:w240:right

  • (前にも買った)棚(499*2)……一応本日のメイン
  • ↑より2倍広い棚(699)
  • ブックエンド(49*5)
  • 小どんぶり(60)
  • コロコロローラー(99)
  • ↑のスペア4個パック(349)
  • 缶オープナー(829)……実家からリクエスト(今度帰る時に持ってく)

f:id:Akkiesoft:20081224023621j:image:w120:left
棚は、ためしに買った大きいのが収納スペースのクローゼットにぴったりはまったのでそこで使うことにしました。が、メインだったはずの小さい棚の使い道が消えてしまったので、縦にねじ止め連結して机の横に置いてみました。うむ、いい感じ。

ハガレン

セリムYABEEEEEEEEEE!!!
しかし、必ず2回読んでしまうこの面白さは一体なんなんだ……。

もやしもん7巻

昨日買いました。多分店にハガレンもあったはず(しかもハガレンの棚をチェックしていたはず)なのに見落としていたなんてどういうことなの……。

もやしもん 7―TALES OF AGRICULTURE (7) (イブニングKC)
もやしもん 7―TALES OF AGRICULTURE (7) (イブニングKC)
posted with amazlet at 08.12.24
石川 雅之
講談社 (2008-12-22)

限定版は避けました、なんとなく……。

イギリスのパルと日本文学の話になった。

なんでも彼女は最近、大学で万葉集と古今和歌集を読んでいるらしい。

「そ…それはまさか日本語で?!」と聞いたところ、

「英語と日本語で読んでいる。」と。

日本でも現代語訳がつくくらいで、そのままでは意味の理解ができないし、

掛詞に枕詞にと解釈がついていないと理解できないほどでして…と話すと、

「イギリス人がChaucerを読むのと同じね。」

Chaucer:チョーサー『カンタベリー物語』って、世界史で習ったなぁ~という

レベルで”騎士道精神の物語”くらいの認識しかない。

チョーサーを語られても全くついていけないので、

私にもわかるくらいのイギリス文学と言えば、やっぱりシェークスピア。

「シェークスピアも現代とは違う英語なの?」と聞いたところ、

シェークスピアはチョーサーよりも後の時代なので、読めることは読める。

「そうね、あなたが十返舎一九を読むくらいな感じ。」と。

・・・江戸の人で、東海道中膝栗毛の作者。

へぇ~、私が十返舎一九読むくらいか~って、読んだことないですから!

彼女は『南総里見八犬伝』を読みたいらしいが、英語翻訳が少なくて…

「読んだことある?」と聞かれた。

ない…。

近世文学としては『源氏物語』はもう何度も読んだわよ!と話すと、

彼女も源氏物語を読んだらしい。

「感想は?」とわくわくで聞くと、「長すぎる!」と。

ええ、おっしゃる通り。

「それに、女性の誰にも共感できない。」と言っていた。

「あの光源氏のひどさったら…西洋の文化的思考では考えられない。」と。

そうだろう、そうだろう。

「あなたは共感できる女性がいるの?」と聞かれまして…各種、考えてみたけれど

ピン!と一人思い出した。

六条御息所。光源氏への嫉妬のあまり生霊となるあの人です。

「Rokujyou」でわかったようですが、「どう共感するの?」と聞かれ、

夫に裏切られたら、私も生霊になって殺してしまうかも、

ただし、相手の女性ではなく、私は夫を!と話したら爆笑されました。

地位も名誉もある彼女をないがしろにした光源氏はやっぱりひどい男だと

イギリスの彼女は怒っていた。

彼女は先日、和歌を作ったらしい。

和歌って、あの五七五 七七のアレですか?と聞くと、

「そうよ。」と。

・・・なんのために?と驚いて聞くと、

「今度、大学で歌合せがあるの!」と。

歌合せ?!イギリスで?!

日本の大学でもしたことないわ~。「風流~!!」と日本語でつい言い、

英語では何?と聞いたところ、

「風流はとても訳しにくい日本語のひとつだけれど、

私は風流がなにかをわかってきたつもりよ。」と言われた。

なんとなくでも通じているならよかった。

日本語で説明してと言われても、私がしどろもどろになりそうです。

歌合せが終われば、彼女は一気に日本現代文学を大学で学ぶらしい。

ついに現代文学!私の専攻だわ~!

今度はひるむことなく、「もちろん、読んだことあるわよ!」と言えるハズ。

にほんブログ村 その他生活ブログ 手紙・はがきへ
にほんブログ村

さて、昨晩の浅草徘徊から一夜明け、さわやかな朝をむかえました。

旅のこうふんのため、なかなか寝付けなかったように感じますが、それ以上にこれからはじまる一日にわくわくしています。

 

ホテルの朝食バイキング。昨日、浅草であわぜんざいや大学芋をむさぼってしまったので、ごはんは少なめにもりました。野菜は多めにもりました。やっぱりお味噌汁はのんでおかないとファイトが出ないので飲みました。

f:id:hanayacco:20161101194326j:image

 

最後にホテルの窓からの眺めをいちまい。お得なホテルだったけど良くしてくださった。

f:id:hanayacco:20161101194418j:image

 

 8時ごろにチェックアウト。浅草から歩いてスカイツリーに向かいます。

花やっこ「あ~これ見たことある~」

花やしき前のかわいいパンダのポスト。

f:id:hanayacco:20161101194625j:image

 

浅草寺のほうをとおって行こう。

f:id:hanayacco:20161101194746j:image

 

昨日の人の多さとうってかわって、すがすがしい空気です。すごい深呼吸をしました。

お掃除をしてる方、通勤の方がちらほら。わたくしは首からカメラをさげて観光客まるだしで写真を撮りまくりました。

昨日はおまいりしなかったのでとりあえずしておきました。

「楽しい旅をさせてくださってどうもありがとう」

悪いところが良くなるらしいけむりを焚いていたのでとりあえず全体的にまぶしておきました。おみくじもとりあえず引いたら凶でした。

でもまあ、べつにいいやと思って浅草を後にしました。

f:id:hanayacco:20161101194819j:image

 

この写真。スカイツリーがみえますか?

f:id:hanayacco:20161101194921j:image

すきまツリー。

f:id:hanayacco:20161101195004j:image

 

すみだ川のむこう側に見えるなんかふしぎな…。

花やっこ「あ~あれはなんだ~!」小学生並みに大喜び!

f:id:hanayacco:20161101195055j:image

 

わあ~!

f:id:hanayacco:20161101195132j:image

 

アサヒビールのふしぎなオブジェが印象的な一日のはじまりでした。

f:id:hanayacco:20161101195219j:image

 

このあと東京スカイツリーへよじ登ります。

 

 

 

 

読書感想文

2018/07/06

トピック「読書感想文」について

 

なんだか夏休みの宿題的なものが話題になっているので。

昔も今も変わらず読書感想文は存在するんだね。

 

私の場合、昔からかなりの本読みにも関わらず、読書感想文はもっとも苦手だった。

読んだ本の感想なんて「面白かった」「つまらなかった」「感動した」程度しかなくて、○○がこうしてこうなったから○○で、、、みたいなモノは「読んでみなきゃ分からないじゃん!」と。

 

説明するのが面倒くさいってのがあるけど、この「説明」がなければ感想文として誰かに伝えられないんだけど、説明することはネタばらしにつながるんじゃないか。と思うんですよ。

で、この説明をしているだけで原稿用紙は埋まるんだけど、それでもうまくまとめることが出来ないていう。

 

そもそも読書感想文ていうのは、いかにちゃんと本を読んだかていう証明みたいなモノだし。。

作品に対しての感じ方なんて人それぞれだからいちいち誰かに報告する必要ないじゃないか!!!

 

てなことを思っているけど、国語の授業ではそうはいかず。

昔から読書感想文の提出は一番最後。

一番最後どころか、居残り学習させられたことも。。。

 

この苦手さ加減は、大人になってからも続いているようで、読んだ本についてなにか書きたくてもネタばれになる。と、思うと大雑把に「面白かった」とかしか書けなくなる。

そもそも、この作者の傾向は、、、、とか上から目線も甚だしい。

 

とか考えると、やっぱり感想文ていうのは難しい。

評価するってことが、もともと上から目線での行為でもあるけどね。

 

だけど、でも、読書感想文を書かなければいけない子たちにはこう思う

「宿題くらいちゃんとやれや、感想文もしっかり書け」

ってな。

 

考えて苦労することも学習だよ、アハハ。

電通、ネット広告で不適切取引 社内調査公表へ :日本経済新聞

自身は広告業とは無縁であるが、これまで漏れてくる話(招致の10分5億円ビデオとか)だけでも電通の問題っぷりがわんさかなのに使い続ける企業も大概にも程がある。

NHK静岡放送局副局長 自転車盗んだ疑いで逮捕 | NHKニュース

救いなのは受信料を使った悪さじゃない、ということくらい。にしても所有者名を隠滅して使い続けたというというのもすごいし、視聴者に全く謝ってないのもすごい。受信料使ってないから謝る必要ないという算段か。

歯医者、虫歯治療のはずが歯石取って終わり。

どういうこと?

そしてしれっと「次回はいつにしますか」っていやいやいやいやわけわかんない。もう10年来のつきあいだから「もう行くのやめる」とは言わんけどさすがに不信感急激に増したぞ。
これ以上引き延ばしの気配があるなら10年来のつきあいもご破算だなとしか言い様がない。週明けには家賃も払わないといけないし、なんだかちまちまお金が飛んでいく。

f:id:yanagisawakobayashi:20160327124624j:plain

ポリアモリー

という恋愛様式をご存知でしょうか。
一般的に、ある人は特定の人のみを恋人にすることが望ましく、
1対多、あるいは多対多の恋愛は社会的にアウトとされています。

ネット社会になってからその傾向が強まっているという見方も。
ベッキーも乙武さんもネット上でバシバシ叩かれました。

そんな世の中の流れに反する、斬新的な考えが、
多対多の恋愛を許容するポリアモリーという考え

tabi-labo.com
さすがに「いくらなんでも、それはダメだろ」と口を挟みたくなる恋愛様式ですが、
ポリアモリーを熱烈に支持している人もいるんだとか。
今回は、ポリアモリー・サポーターに対するインタビューをお届けします。

 ----------------------------------------------------------------------

調査協力者
お名前:Qさん(仮名)
性別:男性
年齢:27歳
職業:メーカー勤務のサラリーマン
趣味:セックス
ライフコース:日本で出生→小学校高学年から高校生まで米国でクラス
→日本の4年生大学に進学→大学卒業後から今に至るまでメーカー勤務の正社員
ASUKA&潤pとの関係:2年前にパーティで潤pが知り合った

----------------------------------------------------------------------

「もしかするとバイセクシャル」

潤p(以下、潤):お久しぶりです。

ASUKA(以下、A):初めまして(ASUKAはQさんと顔を合わせるのが初めて)。

Qさん(以下、Q):こんにちは。今日は呼んでくれてありがとう。

:最初に確認しておきたいのですが、
Qさんの恋愛対象性別は女性ということでいいんですよね?

Q:大学生になって以降、恋愛感情を抱いた人の性別は全員女性です。
ただ、小学校高学年から中学校にかけて、
男子を見て勃起したり、本当に好きになってしまったことがあるので、
もしかすると自分はバイセクシャルなのかなとも思います

:すいません。デリケートなことを聞いてしまって。

Q:いや、匿名だから全然いいよ。

2人の女性を同時に愛した経験

:では、本題に入っていきます。Qさんは多対多の恋愛、
つまりポリアモリーを熱烈に支持しているそうなのですが、それはなぜですか?

Q:数年前、自分には交際関係にある女性・B子さんがいました
当然、自分はB子さんのことを愛していました。
しかしあるとき、
僕は別の女性・C美さんにも恋愛感情を抱いてしまったんです。
本当に、愛が爆発しそうになってしまいました。ヤバかったです。
僕はC美さんに告白をし、セックスを迫ったのですが、
C美さんは「私もあなたが好き。
でも、B子さんと付き合っているあなたと関係を持つことはできない」と答えました。
また、B子さんにこの感情を吐露したところ、僕は振られてしまいました。
それ以降、私はポリアモリーを信仰しています。まぁ、実践に移せてはいませんが。

A:しかし、Bさんの言うことは当然のように思えます。
一般的に、1人が複数の人と恋愛関係になることは、許容されていません。

Q:確かに社会的にそのような考えは根強いです。
しかし、あの時の僕は、
B子さんのことも100%愛していたし、C美さんのことも100%愛していたんです。

A:仮に1対多の恋愛が成立した場合、B子さんとC美さんは不満なのでは?

Q:その不満は、社会によって作られているものだと思います。
1対1の恋愛以外は認められない社会だからこそ、
そこからズレた恋愛に陥ってしまった人は悲しむのです。
もっと言うと、僕はB子さんやC美さんだって、
僕以外の人を愛しても構わないと思いました。
「僕はB子、C美と付き合うし、セックスもする。
B子もC美も僕と、いろんな人と関係を持っていいよ」
というスタンスです。
A:となると、Qさんは結婚なども考えてない?

Q:そうですね。
多くの欧米諸国同様、日本では1対多、あるいは多対多の結婚が認められていません。
そのような環境では、結婚する気にはなれませんね。

ポリアモリーが認められるために

:Qさんの理想・ポリアモリーが認められる社会を実現するためには、何が必要だと思いますか?

Q:潤pくんとASUKAさんがよく言っているように、
皆が常識を疑う必要があると思います。
1対1の恋愛がよしとされている社会ですが、
なぜ1対1が望ましいのかと問うと、明確な答えは出てきません。
むしろ、多対多のほうが生物的ともいえるのではないでしょうか。
動物たちを見てください。バシバシとカマしまくっています。
もともと、道徳や規範というのは、
人々の生をより良いものにするために作られたと思うのですが、
現在はそれらが強くなりすぎてしまって、
逆に皆を縛ってしまっている

恋愛に限られた話ではありませんが、
ポリアモリー的な発送をすること自体、許されなくなってしまっているのです。
繰り返しになりますが、
社会の構成員一人ひとりが既存の「当たり前」に対して
「Why?」の心を持つことが重要です。

:いやあ。熱いですね!

Q:そうかな(笑)。

A:最後に、Qさんにとって、「愛」とはなんですか?

Q:「愛」とは心の交換です。
僕はセックスを神聖なものと捉えているのですが、
なぜかというと「心の交換」があるからです。
2人で行為をしていると、まるで相手の心を手に入れ、自分の心を相手に渡したような感覚になる。
そのフィーリングが本当に素晴らしいのです。
僕は人数や性別にかかわらず、愛する人すべてと、
「心の交換」をしていきたいと、強く思っています。
まぁ、正直なところ、あまりにもセックスを神々しいものと捉えるあまり、
最近はセックス依存症になってしまっているのですが(笑)。

A:今日はありがとうございました。

 

鎧畑ダム

2018/07/03

5/16、秋田県仙北市、鎧畑ダムに行ってきました。
4回目。(→1,2,3)


f:id:kazu_ma634:20160706224604j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20160706224605j:image:w400
青い空と青いゲート。


f:id:kazu_ma634:20160706224606j:image:w400
天端*1。


f:id:kazu_ma634:20160706224607j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20160706225046j:image:h400
天端から見下ろす。


f:id:kazu_ma634:20160706225425j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20160706225426j:image:w400
ダムを後ろから。


f:id:kazu_ma634:20160706225427j:image:w400
ダム湖、秋扇湖


f:id:kazu_ma634:20160706225428j:image:h400
f:id:kazu_ma634:20160706225429j:image:w400
上流側の秋扇湖


f:id:kazu_ma634:20160706230031j:image:w400
今年度から配布が開始されたダムカード。
平日のみ配布。

*1:ダムの一番上の部分


もう、11月もおしまい。
もう、夢みたいな秋もおわり。
本当に、幸せ過ぎて、どうしようもない秋だった。
もちろん、春も夏も、今迄も幸せ過ぎて、笑顔が絶えなかった私だけど。笑

だけど、ずっと叶わないだろうとおもってた夢が叶ったり、
たくさんの仲間や皆に祝福されて、毎日、うれし涙流して笑って。

そんな秋を、
皆と共に過ごせて、
本当によかった。

一生の宝物だよ。
いまという瞬間も、
過去という時間も、何もかも。






 



あー、今迄の写真みただけで、
また泣けてきちゃう。出勤前なのに。


「○○さんにとって、写真は○○さんの現実だもんね。よかったね。
 ○○さんの真の姿が写真に証拠になっているから、写真みると幸せになるんだもんね。」

と笑いながら言ってくれた社長には、本当に本当に感謝です。


今朝の

2018/04/09

f:id:Akkiesoft:20090911085358p:image:w450


こちらの食材の砂糖は、きび砂糖を使用しましたが上白糖でも使用可能です。
ただ、個人的な意見ですが‥家族の健康を考えるなら上白糖は使用しない方が良いのでは?と思います。

 

今日のレシピ

  • ビビンバ丼
  • 高野豆腐煮
  • きのこのおろし和え

 

ビビンバ丼(4人分)

〈材料〉

豚肉(薄切り)100g

小松菜 1わ(200g)

にんじん  1本

椎茸  4枚

白ネギ  6㎝

もやし  1袋

ごま油  大さじ1

塩こしょう  お好みで

ご飯  お好みで

刻み海苔   お好みで

★たれ

おろしにんにく  少々

醤油  大さじ3

すりゴマ  大さじ2

砂糖  小さじ2

みりん  少々

塩  小さじ1/2

 〈作り方〉

  1. 豚肉、小松菜は3㎝幅に切る。にんじんは長さ4㎝の細切りに、椎茸は石づきを取り薄切り、白ネギはみじん切りにする。
  2. ★たれを合わせて一度火を通し、バットに移す。
  3. フライパンにごま油を中火で熱し、豚肉、にんじん、椎茸、白ネギ、もやしを2〜3分炒める。小松菜を加え全体がしんなりするまで炒め、塩こしょうで味をつける。(後でたれに付けるので、あまり濃い味になり過ぎないように注意。)
  4. ②のバットに入れて、たれをなじませ5分以上置いて味を染み込ませる。
  5. ④をご飯に盛り、海苔を散らして出来上がり。

 

高野豆腐煮詰

〈材料〉

高野豆腐  4枚 ※小分けされているものが使いやすいです。

にんじん  2㎝

椎茸  4枚

いんげん  6枚

★調味料

出汁  500㏄

みりん  50㏄

醤油  大さじ2

 〈作り方〉

  1. 高野豆腐は水につけ戻す。戻ったら1枚を4等分に切る。
  2. にんじんは5㎝の厚さにきる。(花型で抜くと可愛い飾りになる。)椎茸は石づきを落す。
  3. 鍋に★を混ぜ合わせていれ、①②も一緒に入れ、落とし蓋をしてゆっくり煮こむ。
  4. ③を器にもり、残った汁でいんげんをさっと煮て、器に飾る。 

 

乾物屋の底力 鶴羽二重 高野豆腐(1/2カット) 徳用165g

乾物屋の底力 鶴羽二重 高野豆腐(1/2カット) 徳用165g

  • 出版社/メーカー: 販売元 オーストリッチファクトリー株式会社
  • メディア: その他
  • この商品を含むブログを見る
 

 



きのこのおろし和え

〈材料〉

しめじ  1パック

大根  100g

小葱   2本

(オクラを加えても美味しくなりました)

★三杯酢

出汁  大さじ1/2

酢  大さじ1

砂糖・醤油   各小さじ1

〈作り方〉

  1. しめじはお湯でさっと茹で、ざるにあげ水切りする。
  2. 大根はすりおろし、小葱は細かく小口切りにする。
  3. ★を合わせ三杯酢をつくる。
  4. ①を三杯酢とあえ、絞った大根おろしと小葱を加えて味を馴染ませる。

 

 

 

 

書く時間がなく、毎日レシピをアップ出来ていませんが、こんな感じで何とか1週間、体の事を考えたレシピにしてみました(≧∇≦)

 

旦那に体の具合と感想を聞いてみました

便がスムーズに出てきており、

香りがキツかったオナラが無臭になってきたそうです   Σ(・□・)スゴイ

色々な野菜を食べているせいか、お肉を食べないでも大丈夫かもしれない(≧∇≦)

との事。

 

煮込む時間が面倒だったり、野菜を沢山入れているので食費が嵩んだり、マイナス点は多々有りますが…もう少し続けてみようと思います♪

 

興味があればこれからも覗いて頂けると嬉しいです