4コーナー最後方だった馬が2頭馬券に絡んだのが2017年の根岸S。

一昔前の話ですが、鬼脚で怒涛の追い込みを見せたブロードアピールを彷彿とさせる競馬だったのがカフジテイク。

 

好位をとって2着に入ったベストウォーリアがかなり強い、ということはわかりました。

期待していたベスト2頭出しとなった馬場オーナーの期待馬・ベストマッチョはここまで負けると気持ちいい!と思える12着大敗。

 

父プリサイスエンドを考えると、この距離だからキレたのでは?と思いますが、毎度の出遅れがあり、ひょっとしたら距離がもつのかもしれません。

福永騎手もダートのお手馬が手薄なこともあり、この馬はなんとしても結果がほしい。

今年のフェブラリーSもなかなか熱くなりそうです。

 

レース回顧はこちらから。

www.youtube.com