3つをバランスよく鍛えていくことが大事。

 

「心」は、

まずは、ちゃんと感じる力 が必要。

自分が今どう感じているのか、それをメタ認知すること。

もし日常の中で何かを感じる場面が少ないのであれば、

もっといろんなものに触れる機会を与えることも必要になる。

 

そして次に、その感情をコントロールする力 が必要。

ただただ感情を抑えればいい、というのではない。

それでは感じる力さえも奪っていくことになる。

感情を認識した上で、今はぐっと抑えるのか、発散して思いっきり浸るのか

なるべく長期的に考えて選択していく。

 

「技」は、

自分の頭を、OS・メモリ・アプリケーションの3つに分けて、

基礎的な能力(論理思考)としてのOS、

自分の専門性に関わる知識としてのメモリ、

能力と知識を使ってアウトプットするためのアプリケーション

の3つを鍛えていく。

 

「体」は、

何より健康。

そのために、自分の体をちゃんと知ること。知ろうとすること。

健康診断・人間ドッグはもちろん、体を作る食べ物への最低限の気配りは重要。

そしてスタミナ。

 

以上、とにかくバランス良くやることが重要で、

そうしてはじめて人間パワーがぐっと上がる。

 

新装版 人生の座標軸: 「起業家」の成功方程式

新装版 人生の座標軸: 「起業家」の成功方程式

  • 作者: 堀義人
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2014/01/10
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る